会長あいさつ (平成29年4月)

平成29年4月1日

大阪市立生野工業高等学校同窓会の皆様

同窓会会長 和気 金昭(機械科24期)

ご挨拶

日頃、同窓会活動にご協力をいただきましてお礼を申し上げます。

また、皆さまにおかれましては、2年に一度、平成28年10月26日(土)の通常総会を開催し、講演に本校の山田先生をお迎えして実験とともに楽しみました。多数のご参加のなか無事に終了いたしました。誠にありがとうございました。

次回の総会は平成30年の開催予定ですが同期、先輩、後輩などをお誘い合わせて積極的なご参加をお願いします。新卒者(平成28〜29年卒)の諸君につきましては、2年目であっても初参加は無料ですので、気兼ねなくお越しください。OBの皆さまにつきましては、健康に十分に留意されますますお元気で、次回の参加をお待ちしております。

理事の方々も、若干の入れ替わりがあり、活性化に必要なリフレッシュが徐々に進みつつあると思います。

また、同窓会による創立75周年記念総会の開催のきっかけになりました大阪府、市の統廃合案が消えた訳ではありませんので、今後も注意深く見守る必要があろうかと思います。

尚、総会の日時等につきましてはHP、郵便でお知らせいたします。交流会支援の活用も検討していただけたらと考えています。

以上で、挨拶に代えさせていただきます。

 
役員の紹介: (平成26年4月より就任)

会 長    和氣 金昭 (M 24期)

理事長   鈴木 裕 (M 24期)

副会長   田中 紘 (M17期)

副会長   塩見 潤一郎 (E11期)

副会長   内山 ふみよ (H12期)

副理事長  岡村 哲 (M25期)

副理事長  里 恒夫 (M27期)

副理事長  川野 光男 (H12期)
 

平成29年7月28日
校長 板垣 秀和

平成29年4月に本校に校長として着任しました板垣秀和と申します。
私は平成24年度から26年度までの3年間、本校で教頭として勤務しました。普通科高校に長く務めておりましたことから、教頭として異動してきたのが初めての工業高校での経験でした。見るもの聞くものが新しいことばかり。新鮮で刺激的な毎日を送ることができました。生徒たちは、素朴で真面目です。純粋にものづくりに没頭する姿は感動的ですらありました。そのような3年間を送り、一旦生野工業高校からは離れたわけですが、2年後にまた、今回は校長としての辞令をいただき、懐かしい場所に戻れる喜びで一杯となりました。そして、2年ぶりに帰ってきた生野工業高校は、以前と変わらず真面目で元気な生徒たちと、ものづくり教育に心血を注ぐ教員たちが変わらず汗をかいていました。
実習を中心とした工業の授業においては、旋盤、溶接、電気工事などのような従来からある授業内容に加えて、昨今では、ロボットやコンピュータを使ったものづくり教育などにも積極的に取り組んでおります。今後は、プログラミング、更には映像処理、アプリ開発など生徒たちが興味関心を持ちやすい「今どきのものづくり教育」も工夫をしながら取り入れていきたいという思いを持っています。
また、部活動においては、今年度は部活動加入率が上がり、積極的に活動している部も増えました。部活動が活発になれば、学校全体の活性化につながります。今後も、さらに加入率を上げ、各部の成果もどんどん出るよう学校全体として後押しをしていきたいと考えています。
そして、今年度は、学校ホームページを一新し、「ほぼ日」で更新をしております。また、同窓会のご支援をいただき、学校案内パンフレットも新しいものを作成しました。本校の魅力を最大限に発信し、多くの中学生から注目され、進学希望先として選ばれる学校となるよう努力を続けてまいります。
同窓会におかれましては、いつも本校の教育活動にご理解とご協力をいただいており、心より感謝をしております。今後とも、後輩の生徒たちのためご支援をいただきますようお願いをいたします。